他院にてインプラントが困難といわれた方へ

顎の骨が少なくインプラント治療が困難と言われた方も、特別な方法によってインプラント治療を行うことが出来ます。

GBR法

本来、骨の中にインプラントを埋め込むのですが、骨の幅が少ないとインプラントの表面が骨から露出してしまいます。
GBR法では、歯肉を切開して特殊な膜で覆います。
数ヶ月で骨が再生されますので、それからインプラント治療を行います。

術前 術後 インプラント植立

ソケットリフト法

上顎にインプラントを埋め込む場合、上顎の骨に十分な厚みが必要になります。 これは上顎のすぐ上に上顎洞という空洞があり、上顎の骨の厚みが十分でない場合に インプラントを埋め込もうとすると上顎洞まで達してしまい、不安定になるためです。 ソケットリフト法では、上顎洞の底の粘膜を持ち上げ、そこに骨になる材料を 入れてからインプラント治療を行います。

ページのトップに戻る