痛みや腫れ、入院について

インプラントには興味があるけど手術が怖いと思ってあきらめていませんか?ここでは、あなたが悩んでいる痛みや、入院についてご説明いたします。

手術等の痛みについて

「気づいたら終わってる」というような感覚

インプラント手術は、通常、身体への負担の多きい全身麻酔ではなく局所麻酔で行います。勿論、手術中は痛みを感じることはありません。

手術時間と入院について

入院は必要ありません

骨の再生治療を行った場合でも、入院は不要です。
インプラントの埋入手術だけであれば、30分程度、骨の再生治療をあわせて行った場合でも1時間から1時間半で完了します。多数のインプラントを埋入する場合には、2時間以上かかることもあります。 麻酔が残っている場合には、少しお休みになってからお帰りになることをお勧めしていますが、ご来院からお帰りまで2時間から3時間程度です。 二回法の二次手術は 、約30分くらいです。

麻酔について

麻酔を使用するに当たっての注意点

当日朝の食事制限等はありませんが、傷口の早期回復のため、いくつかの注意点があります。

  • 手術日前後の飲酒は控えてください。
  • 手術前後の喫煙は控えてください。(できれば手術前後2週間は禁煙)
  • 睡眠を十分にとり、体を休めてください。
  • 傷口がふさがるまでは食べたものが直接当たらないようにしてください。(一回法の場合は特に注意)
  • 抗生物質を必ず服用し、十分な睡眠を取ってください。

手術後の腫れについて

手術後どのくらい腫れてしまうのでしょうか

埋入したインプラントの本数が少ない場合や骨増生を行わない場合は、少し腫れます。
インプラントの本数が多い場合や、骨を増やす処置(骨移植、サイナスリフト、GBRなど)を行った場合は、腫れがでてしまいます。腫れは手術後二日目がピークで、あとはだんだんと落ち着いていきます。約一週間後には腫れは元に戻っていきます。手術後に腫れがでると驚かれる方も多いですが、身体の自然な反応ですので心配される必要はありません。

ページのトップに戻る